ようこそ、有限会社第一介護サービスのホームページへ。

  現在もなお、新型コロナウイルスの影響により地域は疲弊し、ワクチン接種が進んだとはいえ、コロナがいつ収束するか誰もわからない状況が続いています。
 しかしながら、このような時こそ地域の介護事業者には腰を据えた支援が求められると思います。
 私たちは苦境にさらされている高齢者やその家族と向きっています。表面を取り繕う様な対応は相手に見透かされ、真の信頼関係は構築できないと考えています
 コロナ禍であるが、必ず終息する日は来ます。そのに大事なご家族を任せるのであればどのような介護事業者か?リスクテークせずコロナウイルスの感染予防として過度な制限を続け、利用者や家族の気持ちに手を差し伸べなかった介護事業者は見向きもされなくなるでしょう。コロナ禍でも寄り添い、支えてくれた相手こそ真のパートナーだと思ってもらえると考えています。

                                 有限会社第一介護サービス
                                   代表取締役 山口 進也
 会社沿線プロモーションVTRはこちらから
※先日、このホームページや動画にある「私や自分」とは、誰の事かと質問がありました。
 このホームページや動画は、時間の合間に社長の山口が作っていますので、「私や自分」は社長となりますので、よろしくお願いします。


お知らせ

・令和5年5月10日に、アイ・ソネックス株式会社の藤井先生に来ていただき、講義を行っていただきました。ボディメカニクスや、それを考慮しながらの介護の方法などを教えていただきました。支持基底面積・低重心・てこの原理など大変ためになる楽しい講義でした。

旗艦長門での様子(18時00分~)

 

 

 

 

 

 

 


大和の故郷での様子(15時00分~)

・令和4年4月19日に、明治乳業株式会社より高谷栄養士様、藤山栄養士様を講師として迎え、「嚥下に支障がある方に対する、正しいトロメイク(別名トロメリンなど)の使い方」の内部研修を行いました。正しく使えているようで使えていない職員が多く、大変有意義な研修となりました。

 

・令和4年4月1日に大和の故郷において「おいしいハンバーガーを作り、最後に春を感じよう」を行いました。ハンバーガーを積み上げるなどシンプルな感じでしたが、それだけに分かりやすかったために大いに楽しんでいただきました。もちろん、新型コロナウイルス感染対策も十分行ってからの開催でした。

※詳しい動画はこちらから

・4月初旬に、大和の故郷の入居者の方と一緒に、近隣の公園にお花見に行きました。春の日差しが差し込み桜は満開で、皆さんに喜んで貰いました。

 

・令和4年3月29日に大和の故郷で「紙おむつの使い方」の研修を行いました。旗艦長門と同様に、ユニ・チャームさんより講師を派遣していただきました。

 

・大和の故郷でちょっと時間の空いた時に行われた、ミニレクリエーションです。屋外バレー、室内バレー、シャボン玉、屋外でカップを行いました。春の陽気で屋外も日中は随分と暖かくなりました。総て異なった日に行い、皆さんに楽しんでいただきました。

 

・令和4年3月28日に、旗艦長門の入居者の方と近所の公園にお花見に行きました。天候にも恵まれ桜もほぼ満開で、皆さんに喜んで頂きました。

 

・令和4年3月25日に旗艦長門で「紙おむつの使い方」の研修を行いました。ユニ・チャームさんに外部講師の依頼を行い、蔓延防止期間が終了した事で実現しました。不快にならない使い方、交換、種類など、初心に帰り改めて重要性を認識しました。

 

・令和4年3月22日に、旗艦長門で「小旅行だよ、すごろく大会」の行事を行いました。新型コロナウイルス対策を最大限に行いつつ、入居者も職員も共に楽しんだ良い行事となりました。

※詳しい動画はこちらから

・令和4年2月7日に大和の故郷では「節分まつり」を行いました。青鬼も新型コロナウイルス感染者の増加、蔓延防止に配慮して、マスク着用で山から降りてきてくれました。

 

・令和4年2月4日に旗艦長門において「節分祭り」を行いました。赤鬼、青鬼が山から下りてきて大暴れしていましたが、改心して心の優しい鬼さんたちになりました。

 

・令和4年1月21日に、旗艦長門で「新春福笑い大会」を行いました。オミクロンやステルスに細心の注意をはかりつつ、楽しい行事となりました。

 

・令和4年1月7日に大和の故郷で「トラトラトラ新年会」を行いました。寅年に相応しく楽しく勢いのある楽しい行事となりました。

※詳しい様子はこちらから

・令和4年1月25日発売の「くれえ版2月号」に、当社職員が紹介されました。
旗艦長門が誇る「プリンシパル」です。是非ご購入を、よろしくお願いいたします。

※PDF版はこちらから

 

 

 

 

・令和4年1月3日にの産経新聞中四国版に、有限会社第一介護サービスの広告が掲載されました。

※PDF版はこちらから



・有限会社第一介護サービス大和の故郷では、令和3年12月31日から令和4年1月3日の4日連続でに「年末年始カウントダウンパーティーと新年祝賀会」を行いました。大和と共に年末年始を過ごした入居者の方に、楽しんで頂くように一生懸命頑張りました。

※詳しい様子はこちらから

・有限会社第一介護サービス旗艦長門では、令和3年12月31日と令和4年1月1日の両日に恒例の「年末年始ギンギラギンと新年祝賀会」を行いました。長門と共に年末年始を過ごした入居者の方に、大変喜んで頂きました。

詳しい様子はこちらから

・令和3年12月18日に、有限会社第一介護サービス広において「ベット上での手足浴」の研修を行いました。新型コロナの対策を十分に取りつつ、在宅サービスで求められる技量向上をはかりました。

 

・令和3年12月17日に大和の故郷において「ミニゲームセンターで発散 クリスマス会」を行いました。懐かしい昭和の臭いのする行事で、入居者の皆さんと一緒に職員も楽しみました。

※詳しい様子はこちらから

・令和3年12月1日に、大和の故郷で「ポカスカパカスカモグラたたきゲーム」を行いました。最新鋭のAIを駆使してモグラたたきゲームを作成し、入居者の皆さんに大変喜んでいただきました。

※詳しい映像はこちらから

・令和3年11月24日に旗艦長門、29日に大和の故郷において、労災病院認定看護師の柴田師長に来ていただき、「新型コロナウイルスと感染症について」第一介護サービス全職員対象に講義を行っていただきました。専門性が高く、尚且つ分かりやすい内容で、全員良い勉強になりました。柴田師長、ありがとうございました。

旗艦長門での講義

大和の故郷での講義の様子
※柴田師長の写真が小さかったり、後ろ姿の右半身ですいません。何気に私も参加しています。


・令和3年10月22日に、大和の故郷において「大和祭り」を行いました。緊急事態宣言が解除され、訪問介護員のワクチン接種率を鑑み、Excellentな感染対策をとりつつ開催しました。職員による踊り、的屋(射的、芋ほり、おばけ屋敷、ビンゴ)、ヤブなど、思い出に残る楽しいひと時を過ごしました。

※詳しい様子はこちらから

・令和3年10月17日に、旗艦長門において「長門祭り」を行いました。緊急事態宣言が解除され、訪問介護員のワクチン接種率を鑑み、Perfectな感染対策をとりつつ開催しました。男性職員による太鼓、踊り、プリンシバルの舞い、水戸黄門の寸劇、打ち上げ花火など。思い出に残る楽しいひと時を過ごしました。

※詳しい様子はこちらから