ようこそ、有限会社第一介護サービスのホームページへ。

 有限会社第一介護サービス社長の山口です。
「高齢化社会に安心と豊かさを」それが私たちの変わらないテーマです。
 私たちの暮らしは、さまざまな社会基盤に支えられています。それは私たちの先達が、長い歳月をかけて築きあげてきたものです。私たちは、その恩恵を50年後、100年後の世代へとつないでいくことが、使命であると考えています。
 私たち第一介護サービスが作り上げてきたものは、世代を超えて受け継がれていくことでしょう。それは未来との架け橋であり、いつの時代も「お客様を第一に!」をスローガンに掲げ「誠実なサービスの提供」「誠実な対応」「誠実な経営」を実践してまいります。
 これからも第一介護サービスは、会社一丸で皆様のご期待に添えるように、一層の努力を重ねてまいります。

お知らせ

・大和の故郷祭りを今年も開催しました。
 5月22日に「大和の故郷」において大和祭りを開催しました。例年であれば屋外で盛大に行うのですが、今年はコロナウイルスの影響で艦内で行いました。
 ご家族や来賓の方がいない大和祭りでしたが、職員の協力と頑張りがあり例年通り楽しく盛り上がった大和祭りとなりました。

・大和祭り1階の様子はこちらから
・大和祭り2階の様子はこちらから

・大和の故郷面会開始についてのお知らせ
 5月25日より大和の故郷において面会禁止を一部解除することとなりました。
 詳しくは下記の通りです
・面会時間は10:00~16:00です。
・1人30分程度とし、一度に複数人での面会はご遠慮いただいています。
・マスクを持参着用していただき、玄関先で手指消毒、検温をさせていただきます。
 条件付きの解除となりますが大切なご家族を守るために、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

・大和の故郷面会禁止期間についてのお知らせ
 4月1日より、大和の故郷全面面会禁止により、ご家族や関係者の皆様には不自由をおかけしております。しかしながら、クラスターの発生や3密防止のために、入居者様の命と健康を守るため、皆様のご理解とご協力をいただいております。
 面会開始については緊急事態宣言が解除され、なおかつ広島県の「感染状況レベル」がレベル1以下となった時に、周囲の状況などを総合的に勘案して決定します。
 大切な人、大切な場所を守るための対策とさせて頂き、1日でも早い終息を願うとともにまた笑顔で皆さまと会える事を職員一同心待ちにしております。
広島県の感染状況レベルはこちらから
感染拡大防止に向けたフェーズ毎の主な対応はこちらから

・打倒コロナ手当について
 5月1日より、第一介護サービスグループ全職員を対象に「打倒コロナ手当」を支給することとなりました。緊急事態宣言発令(レベル4)を最上限として一律3万円(月)とし、警戒レベルにより「打倒コロナ手当」額を設定し支給を行っていきます。支給期間は5月1日より半年程度です。
 なにかと予定外の出費も増え、外出できないなど日常生活に不自由な面も増えていると思いますが、第一介護サービスグループ職員一同の結束と努力、勤勉さでコロナ危機をに乗り越えていきましょう。


・大和の故郷面会禁止についてのお知らせ
 新型コロナウイルスの集団感染予防のために、4月11日より「大和の故郷」を面会禁止といたしました。いろいろとご不便をかけると思いますが、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
面会禁止の詳細についてはこちらから。

・臨時ボーナスについて
 第一介護サービスグループでは常勤職員などを対象に、「旗艦長門」8月1日オープン(予定)に伴う祝いとして,また令和2年度を皆で頑張っていこうとの激励として、またコロナウイルスに負けるななど多くの気持ちを込めて、4月1日に臨時ボーナスを支給しました。
 職員の皆さんには大きな期待をしています。これからも一緒に頑張っていきましょう。

・3月20日に大和の故郷において「ひな祭り」の行事を行いました。入居者の皆様には大いに楽しでいただき、また職員も一緒に楽しむことができました。

※ひな祭りの動画はこちらから!!!

・3月30日に第一介護サービスグループの研修を行いました。「水と健康」について、日本トリムさんより色々と教えていただきました。

 

・3月26日に、旗艦長門の上棟式を行いました。天候にも恵まれ、無事に行うことができました。積水ハウス様、井本建設様、関係業者の皆様、本当にありがとうございました。

 

・2月29日より、新型コロナウイルスの感染予防のために、サービス付き高齢者向け住宅大和の故郷で面会制限をさせていただくことになりました。
 入居者の方をお守りするために面会制限に踏み切りましたので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
 詳しくはこちらをご覧ください。

・2月3日に社内研修として「入浴について」と「困難事例について」の研修を、グループワーク形式で行いました。基本に立ち返り、各グループで多くの意見が出され大変有意義な研修となりました。

 

・8月オープン予定の旗艦長門の建築風景です。
 まだまだ先だと思っていましたが、いや~、できだしたら早いですね!!!
 また定期的に画像を掲載していきますので、長門をよろしくお願いします。

 

・1月17日に、大和の故郷ニューイヤーコンサートを開催しました。ハーモニカや色々な楽器演奏で、皆さん楽しい時間を過ごされました。

・ニューイヤーコンサートの様子はこちらから ⇒   

・12月4日に内部研修で「利用者様への対応」を、グループワーク形式で行いました。認知症の方や拘縮などいろいろな方の事例を基に行い、大変勉強になる内容でした。

 

・令和1年11月30日に第一介護グループの忘年会を開催しました。
1次回は大盛で、2次会はミスカラで行いました。終わったのは翌日の1時を過ぎていましたが、幹事の山田君、稲垣君、また協力してもらった多くの方々のおかげで、最後まで楽しく過ごすことができました。

・菅野先生のトークショーが11月30日と12月1日に呉市の澎湃館で行われました。
菅野線の作品に込める情熱、英霊に対する熱い思いが伝わり、予定時間を遥かにオーバーする熱く素晴らしいトークショーでした!!

トークショーの様子はこちらから

・11月27日に労災病院より認定看護師の原 久美子先生に来ていただき、摂食障害、嚥下障害の講義を行っていただきました。
経験と知識をうまく融合されて話を進めていただいたので、大変わかりやすく理解することができました。原先生には、本当にありがとうございました。


・有限会社第一介護サービスの30周年記念に、伊予銀行様と呉信用金庫様に胡蝶蘭をいただきました。これからもお客様や職員さんを第一に考え、大きな和、ワンチームで会社を発展していきます。
みなさま、応援をよろしくお願いいたします。


・11月22日に大和の故郷文化祭を行いました。
結構やばい赤鬼の襲来がありましたが、皆さんで退治ができ大いに盛り上がりました。


・詳しい様子はこちらから!!!    

・10月29日に「サービス付き高齢者向け住宅 旗艦長門」の地鎮祭を、亀山神社の太刀掛宮司により行わせていただきました。
天気は快晴で波は高かったですが、皆様のおかげで無事に終えることができました。
太刀掛宮司様、伊予銀行様、積水ハウス様、レントハウス様など、皆さんありがとうございました。


・9月28日に、深川医療器さんから来ていただいて、移譲やスライディングボードの効果的な使い方の研修を行いました。
ベットから車いすへの移譲の際にスレイディングボードを使うことで、双方の負担が軽減されるとのことでした。


・9月16日に「大和の故郷 敬老会」を行いました。
喜寿や米寿の方の表彰や記念品の贈呈、職員による寸劇「マッチ売りの親子」などで大いに盛り上がりました。
これからも皆さん、元気で長生きしてください。皆さんお疲れさまでした。

 

寸劇の様子はこちらから

・仁方地区のお祭りのヤブ(鬼)に襲来していただきました。竹の棒を持って祭りの時に現れ、神様の警護と道案内をし、神様に奉納される米の出来具合の確認する役割を担っていると言われています。ヤブに叩かれることで、子供は元気に育ち、大人や高齢者は元気で長生きできるといわれています。

 

・8月23日にダスキン東広島支店のうすい先生以下2名の方に来ていただき、手洗い研修を行いました。手洗いの方法や理論と実践(いつも通り手洗いを職員にしてもらい、その後に特殊な薬品を使って洗い残しがどの程度あるかなどの確認や実験)など、有意義な研修を行うことができました。